【安い米】美味しく米を食べるポイント!

米,美味しい

米を美味しく食べる方法とは

日本の主食は米ですが、米には様々な美味しい食べ方があります。その中には一般的に知られているものからあまり知られていないものもあります。まず代表的な食べ方としてはチキンライス等のように米を具材と一緒に焼く方法です。この食べ方は一般的な家庭で多くなされているものです。そして、他にも米をついて作られるお餅もお正月をはじめとして代表的に食べられている料理です。他方、米を粉にして水と卵で練り上げて生地を作り、窯で焼き上げる料理もあります。この方法は、日本ではあまり知られていません。しかし、東南アジア等では最も多く食べられている米の食べ方です。このように米には様々な美味しい食べ方があります。このような料理を覚えると普段の食生活が以前と変わりとても豊かになり料理が楽しくなります。そのため、気になったものは実際に作ってみることが大切です。

安い米でも美味しく食べるための工夫

米は日本の食卓に不可欠な食材なので需要が高く、様々な品種が広く販売されています。一般的に高額な品種の米ほど風味が豊かで美味しいとされていますが、安価な米でも工夫を凝らした美味しい食べ方を行うことで風味豊かな食事にすることが可能です。
安い米の美味しい食べ方は調理の方法と事前の準備が重要になります。米の調理は炊飯器の使用が普通ですが、機器の性能で炊き上がりの良し悪しが変わるので注意が必要です。新型の炊飯器は米の品質に合わせて自動的に火力の調整が出来る機能が付いているものが多いので、調理用の機器に気を配ることで毎日の食事を楽しむことが出来るようになります。また、米の水研ぎは風味を損なう原因になる糠を取り除く重要な作業なので、綺麗な水を使って入念に行うのが美味しい食べ方にするための重要な条件です。

コツをおさえるとおむすびの味も変わる

米の美味しい食べ方といえば細工せずにまずはおむすびという人も多いです。何気なく自己流で作っていることが多いおむすびですが、コツを抑えることで味も変わります。握り方もさることながら、実はおむすびに合わせる具、実はこれにも米のタイプによって相性があります。もちもち系の米であれば、さっぱりとしてあまり主張しない定番の鮭との相性が抜群です。ごはんの甘みを引き立ててくれます。ほぐし身の缶詰などを使うと便利です。また、王道の梅干しもよく、あまりジューシーなものやはちみつ漬けなどの甘いものより、もっちりタイプの米にはきりっとしょっぱい梅ぼしがよく合います。ほかにも、ほんのりした塩気のちりめんじゃこは甘くてもっちりとしたごはんに混ぜ込むと、やはり米自体の味わいをしっかりと引き立ててくれるので合う具材です。